静岡県浜松市の社会福祉法人の三幸会(さんこうかい)です。三幸の園,山崎園,神ケ谷園,松城デイサービスセンター,地域包括支援センター,大平台の園。

HOME > 求人情報 > 三幸会のお仕事Q&A

三幸会のお仕事Q&A

気になる項目をクリックすると、その項目に関する解答が表示されます。もう一度クリックすると、解答が非表示となり元に戻ります。
  • まずは興味を持たれたということでホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
    どんな仕事をするにしても経験者・未経験者に関わらず、初めての職場は不安で一杯です。
    各施設見学や法人・施設説明は事前にご連絡いただき日時が合えばいつでも可能ですし、ご説明・ご案内いたします。
    職員の行動を自分に置き換えてみたり、近くの職員に仕事状況を直接お聞きになっても良いです。
    新卒者さんの場合は【施設見学説明会】を春先から求人枠が一杯になるまで毎月開催してしております。
    是非ご自身の生の目でご覧いただける良い機会だと思います。
    採用面談につきましては三幸の園内の「法人本部」にて行っております。
    また、まずは求人資料だけ送ってください、という方もお気軽にお電話・FAX・E-mail 等にてご請求ください。
    早急に対応いたします。
    【法人本部】 住所:〒432-8068 浜松市西区大平台一丁目34番30号 TEL:053-485-1136   FAX:053-485-5428
    E-Mail:sankou@sankoukai.or.jp
    E-Mail:sankouroumu@sankoukai.or.jp
    E-Mail:sankoujimu@sankoukai.or.jp
    E-Mail:miyuki@sankoukai.or.jp
  • 令和2年4月1日現在ですが、正規職員が195名・パート職員が65名の合計260名になります。
    そのうち男性が89名・女性が171名ですので、他法人・他施設さん同様、女性の職員が大変多い職場となります。
    ただし、正規職員比率は【75.00%】で他の福祉施設と比較すれば圧倒的に高いと思います。
    これは職員給与となる人件費を削って経営を成り立たせるようで有ってはならない!という理事長の強い理念から来るもので、毎年正規職員に登用がされています。
    正規職員・パート職員含めた平均年齢は45.6歳、うち正規職員が平均43.6歳、パート職員が51.9歳となりますが、18歳から70歳超えまでの各年齢層全てで在職しています。
    定年年齢は65歳ですが、その後Dパート職員として再雇用もしており、令和2年4月1日現在23名の方がDパート職員として再雇用契約し、可能な範囲で元気に働ける間は頑張っていただいておりますのでパート職員の平均年齢も計算上高くなります。
    ちなみに令和2年4月1日現在のDパート職員最高年齢は【75歳】です。
    また、正規・パートの区別関係なく永年勤続表彰もありますので、永年頑張ってお仕事されることを期待いたします!
  • 令和2年4月1日現在ですが、正規職員が平均8年11ヶ月・パート職員が平均7年7ヶ月となります。
    女性職員が主の職場ですので、結婚退職や出産退職のような喜ばしい話やご家族の転勤もあるため、残念ながら他の福祉施設同様、決して長くはありません。
    なお、パート職員のうち常勤者はAパート職員さんと言ってパートから正規職員への登用試験制度もありますので、算出的には低い年数計算値になります。
    自分の家庭環境の状況に応じて、その都度出来る範囲や出来る勤務形態でお仕事をしていただいております!
    また、再雇用制度も行っておりますので、正規職員を定年退職されてからパートとして契約変更しお仕事されている方もおりますので、あくまでも全員の平均年数となります。
    法人概要-三幸会のあゆみ】の通り、ここ十年くらいの間に山崎園の開設、松城デイサービスの開設、地域包括の開設、西山園の委託開始、そして山崎園の増築、そして松城居宅の開設、神ケ谷園開設、大平台の園開設、というように事業を順調に展開・拡大していることから、その開設に伴い、職員を少しずつ増やすことができていることから平均勤続年数が下がっています。
    毎年永年勤続表彰10年・20年・30年・40年対象者の方には表彰品となる旅行券が発行されていますので、是非それを目標にされるのも良いのではないでしょうか!
  • 第1に!
    正規職員・パート職員ともにチームワークを持って連携して仕事をしています。
    一人のできることは限界があります。それをチームで協力しながらある方向性で進めていくことが強い力となります。
    チームワークの重要性を強く問いかける法人です。それもあるためか福祉施設としては離職率がかなり低く、
     ・2016年度には厚生労働省よりユースエール認定
     ・2018年度、2019年度には静岡県より働きやすい介護職場認証制度認証
    を社会福祉法人三幸会ならびに介護保険各事業所において受けております。

    第2に!
    三幸会には併設事業がたくさんあることから横の繋がりが大変強みとなっております。
    仕事をする上で単独で事業を進められる訳ではありません。
    縦・横・斜めの繋がりを最大限有効に使うことで、安定した事業展開が可能となります。
    三幸会では
     ・事業部制とプロジェクト制を導入
    しており、各事業部長とプロジェクト長が【全体最適】のまとめ役となっています。

    第3に!
    三幸会は有資格者集団です。
    資格が仕事をする訳ではありませんが、顧客となるご利用者様やご家族様の安心感にも繋がっていると思います。
    さらに、職員個々の専門知識・技能を高め、知識や技能を現実に結び付ける上で重要ですし、自信を裏付け、組織の方向性を示すには大切です。
    令和元年6月1日現在の有資格者数は一例ですが、以下の通りです。
     ・介護福祉士 149名
     ・社会福祉士 17名
     ・精神保健福祉士 3名
     ・介護支援専門員 47名
     ・主任介護支援専門員 6名
     ・正看護師 15名
     ・准看護師 12名
     ・保健師 1名
     ・理学療法士 1名
     ・柔道整復師 1名
     ・管理栄養士 4名
     ・栄養士 6名
     ・第一種衛生管理者 9名
     ・福祉住環境コーディネーター2級 7名
     ・介護福祉経営士1級 1名
     ・認知症ケア専門士 2名
     ・介護事務管理士/ケアクラーク 11名
    など様々です。

    以上のことが経営理念である地域に密着した施設運営を可能にし、ご利用者様・ご家族様への安心感や感動サービスに繋がっていると考えます。
    三幸会の最も歴史のある三幸の園を中心に施設運営とたくさんの併設事業から、常に職員同士が連携を取り標準化できる部分は合わせていき、時にお互いに刺激し合うことから、高い自己資本比率を形成でき、安定経営の基盤となる財務状態が実現できていると考えます。
    令和2年度は三幸会は法人運営を開始して第48期に入っています。
    おかげさまで地域の皆様からの認知度も比較的高く、ボランティア・慰問の方々も大変多くお力添えをいただいており、一緒に成長・勉強をしているところです。
  • 求める人物像はたくさんあります。
     1.【チームワーク】 に共感できる方
     2.【三つのService】 にチャレンジできる方
     3.【経営理念三幸会クレド】 に共感していただける方

    常に人と接しながら、相手のできない部分をフォローする仕事ですから、職員同士やご利用者様を思いやる気持ちを持ち、気付くことが大切です。
    福祉の仕事は決して有資格が全てではなく、経験豊かな方や利用者さんへのあたたかい対応が何より重要です。
    もちろん福祉・医療の技術やグッズやサービス内容も日進月歩です。常に新しいことを取り入れたり、改善や資格取得にチャレンジしていく姿勢も大切です。
    なお、三幸会が最も大切にしている 【三幸会クレド 利他のこころ(K)】 があってはじめて成り立つものと考えております。
    クレド(Credo)とは 人として、社会人として、私達福祉を志す職業人として、求める人物像の根底に流れている目指すべき大切なこころ(K):信条とし、毎日元気に復唱しています。
  • 三幸会でお仕事をしている職員は様々な経歴の持ち主です。
    学生の時から福祉・医療を志した職員はもちろんですが、元営業マン、元製造現場仕事、元設計士、元電気工事士、元ホテルマン、元調理師、元教師などなど・・・様々な職業から転職して働いている方がおり、元専業主婦や元フリーターの者も在職しております。
    自分の得意な部分を積極的に出していただき、不得意な部分は通常業務のOJTの他、以下の様々な【研修】を通して常に勉強をし補充しています。
    新入職員事前研修、新入若年職員研修、チューター制度、施設内勉強会、交換研修、役職者研修、バースマンス研修、3年目研修、ステップアップ研修、キャリアアップ研修、キャリアアップビデオ研修、外部研修、外部講師による研修(具体例は 三幸会ブログ:介護の舞台裏 を参照)。
    なお、研修会や勉強会のプログラムは豊富ですが、それがすぐに成果に結び付くものではありません。
    それが大切なことなのだと理解し、企画し、何ヶ月も何年も継続的に参画することから少しずつ職員が成長していき、事業所・施設の安定成長へと結び付くものだと認識しております。
    また、事業所/施設運営を円滑に進めるためのキャリアパスとしてリーダー的な立場になっていくと、副主任・主任・係長・課長という役職のポストがあります。
    役職というと固いイメージがありますが、業務目標・指導・判断をする上で統括的な運営を目指していることで皆さん前向きに取り組みをされています。
    厚生労働省はそのようなキャリアパス構築のために介護職員処遇改善交付金制度を平成21年より、介護職員処遇改善加算を平成24年より、介護職員等特定処遇改善加算を令和元年より導入しておりますが、三幸会ではその制度以前よりキャリアパス制度を構築しております。
  • 準職員制度はもちろんございます。ただし呼称:表現が違います。
    三幸会ではパート職員を4つに分けて運用しています。
    三幸会では準職員=Aパート職員という名称となります。
     ・Aパート職員は常勤勤務の方で、将来正規職員を目指す方など
     ・Bパート職員は短時間限定・曜日限定・時間限定・夜勤不可・宿直不可・人事異動不可などの訳有りの方など
     ・Cパート職員は障害をお持ちの方など
     ・Dパート職員は65歳以上の再雇用者
    になります。
    それぞれ給与・賞与などはもちろん、各種休暇制度や正規職員登用有無や退職金有無などの就業規則が変わります。
    なお、いずれの形態で雇用しても最低賃金法(静岡県は令和元年10月現在 時給885円)を順守している法人です。
    さらに、障害者雇用の法定雇用率2.2%も大幅にクリヤーし、障害者への特例措置をしていない法人です。
  • 社会福祉法人三幸会の賞与は年間3回です。
    例年、夏季賞与が7月中旬頃、年末賞与が12月中旬頃、特別春季賞与・特定処遇改善賞与が3月末頃支給されます。
    福祉業界におかれましては、比較的高い割合で安定的に支給されており、正規職員だけでなくパート職員含めて毎年全員に支給されます。
    ただし、パート職員はAパート職員からDパート職員まで在籍しており、それぞれで支給月数が若干異なります。
    以下は全てのパート職員の平均月数でパート職員にも喜ばれております。常勤勤務のAパート職員さんは以下の数字より上です。
    人事考課のある業績連動型となっており、職員の処遇改善のためにの毎年4月に年一回昇給もされております。
    以下が各年度の支給月数ですので、ローンを組む場合などの金額参考にされると良いです。
     平成31年度・・・正規職員 平均5.31ヶ月  パート職員 平均3.00ヶ月
     平成30年度・・・正規職員 平均5.18ヶ月  パート職員 平均2.92ヶ月
     平成29年度・・・正規職員 平均5.16ヶ月  パート職員 平均2.88ヶ月
     平成28年度・・・正規職員 平均4.93ヶ月  パート職員 平均2.57ヶ月
  • 福利厚生は以下の2つに大別できます。
    ☆法定福利・・・・法律で実施を定めるもの
    (健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労働者災害補償保険)

    ☆法定外福利・・・法人の任意で定めるもの
    (リフレッシュ休暇・特別休暇・完全週休二日制・退職金加入2本・永年勤続表彰・改善提案表彰・ユニフォーム支給・創立記念品・職員厚生会加入・内部コミュニケーション助成・健康診断・インフルエンザ予防接種)

    他の法人さんでは外部の福利厚生団体さんに加入しているのみのところもあるようですが、三幸会は上記記載の通り法人独自の職員厚生会システムがあり、各施設にその年度の厚生会役員が配置しております。
    (正規職員は強制加入、パート職員は加入選択可) 毎月厚生会費が給与から天引きされますが、それと法人補助により職員厚生会加入者には以下の福利厚生が追加で行われます。
    運営内容に関しては職員厚生会総会で正式に議事運営をしております。
     1.旅行や家族との食事等の金額補助(年一回)
     2.誕生祝いの金券(年一回)
     3.厚生会事務局開催の行事補助(新人歓迎会・新年会・ボウリング大会・ゴルフ大会など)
     4.浜松商工会議所の退職共済制度加入(正規職員・Aパート職員のみ)
     5.わ~くん浜松加入(慶弔見舞金・各種助成・イベント参加割引など)

    【参考:わ~くん浜松の詳細はこちら 一例は以下】
     ・慶弔給付金
     ・映画館割引
     ・新幹線チケット割引
     ・指定店・指定施設割引 約200箇所
     ・市営プール割引
     ・トビオ割引
     ・浜松市動物園割引
     ・フルーツパーク割引
     ・東京ディズニーマジックキングダムクラブカード
     ・名古屋港水族館割引
     ・湖西アメニティプラザ割引
     ・各種ツアー旅行
     ・各種コンサート
     ・各種スポーツ観戦
     ・各種食事会
     ・各種研修会
     ・BBQ大会
     ・合同ソフトボール大会
     ・合同ゴルフ大会
     ・インフルエンザ予防接種助成
     ・家庭用常備薬斡旋 など
  • 三幸会では正規職員だけでなく、パート職員もたくさん在籍しており、職員契約変更はもちろん可能です。
    女性が7割近くを占める職場ですので、ご本人やご家庭の状況の希望によりお仕事できる体制で行っています。
    パート職員契約でも常勤パートさん、短時間パートさん、時間や曜日限定パートさん、再雇用パートさん、仕事限定パートさんなどいろいろな形態で契約をしておりますが、このうち常勤Aパートさんは正規職員登用試験制度があります。
  • 三幸会では正規職員と常勤Aパート職員にはリフレッシュ休暇(有給休暇です)が一年間で【3日間】であります。
    中途で入られた方も入職日当日から同年度3月31日までに3日間の付与があります。
    4月1日になると有給休暇とは別にまた3日間のリフレッシュ休暇が付与されます。
    有給休暇は労働基準法通り、入職後6ヶ月経過後に付与されるのに対し、リフレッシュ休暇は新卒者・中途者の入職後1ヶ月以上経過すると取得権利が付与されますので、有給休暇が付与されるまでに体調不良時や慶弔時にお休みをしたいときにうまく取得していただけると良いです。(リフレッシュ休暇規程による)
    リフレッシュ休暇や有給休暇や公休をうまく組み合わせて海外旅行なども行かれる職員もおります。
    これらのお休みは全員が同じ日に取得できませんが、職員同士コミュニケーションをうまく取りながら、全員が同じように日数取得できるように、お互い様の文化構築を目指しています。
  • 三幸会での社会福祉活動は原則年中無休となります。
    他法人さんでは夏休みや冬休みがあるところもあるように聞きますが、三幸会では【特定日出勤手当】というものがあり、以下の特定日に8時間業務をすると+αがある仕組みとなります。
     ・ゴールデンウィークの5月3日から5月5日の3日間。
     ・お盆の8月13日から8月16日の4日間。
     ・年末年始の12月30日から1月3日の5日間。
  • 三幸会では正規職員と常勤Aパート職員の方には【特別休暇】があります。具体的には以下の通りです。
     1.慶弔休暇(有給休暇):本人結婚時、お子さん結婚時、配偶者分娩時、親族の死亡時など様々です。
     2.産前産後休暇(無給休暇):産前産後は関係法令の解釈通りです。
     3.生理休暇(無給休暇):就業が著しく困難な時です。
     4.天災地変等被災時:その都度検討となります。
    正規職員・常勤Aパート職員以外のBパートさんやCパートさんは産前産後休暇(無給休暇)しかありませんが、出勤されない分はノーワーク・ノーペイの原則の通りです。
  • 三幸会では世帯主の方には子育て支援として扶養手当が出ています。
    また、健康保険上扶養をしている対象者に対し、子育て支援だけではなく、配偶者や父母・祖父母についても別々に扶養手当があります。(ただし所得制限有)
    もちろん、産前産後の特別休暇があり、育児休業・介護休業・母体健康管理のための措置なども完備しており、産前産後の特別休暇から育児休業に入っている職員は以下の通りで、ここ【10年間切れ目なく】利用されています。
    これがお互い様の文化を構築していると思います。
    職員の皆さんは自身の生活スタイルに合わせて、仕事と家庭生活の両立ができるよう無理のないように復帰後パート契約に変更したり、正規職員として復帰したりと様々です。
    ・平成23年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、やまざきデイサービスセンター1名、
     三幸の園デイサービスセンター1名、松城デイサービスセンター1名)
    ・平成23年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成23年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成23年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【1名】です。
    (やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成24年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園1名)
    ・平成24年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園2名、特別養護老人ホーム山崎園1名)
    ・平成24年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園2名、特別養護老人ホーム山崎園2名)
    ・平成24年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園2名、特別養護老人ホーム山崎園2名)
    ・平成25年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【6名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園3名)
    ・平成25年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【6名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園2名、特別養護老人ホーム山崎園2名、三幸の園デイサービスセンター2名)
    ・平成25年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【6名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園3名、三幸の園デイサービスセンター2名)
    ・平成25年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園2名、三幸の園デイサービスセンター2名)
    ・平成26年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園3名、三幸の園デイサービスセンター2名)
    ・平成26年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園3名)
    ・平成26年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園2名)
    ・平成26年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園1名、生活支援ハウス山崎1名)
    ・平成27年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園1名、生活支援ハウス山崎1名、浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘1名)
    ・平成27年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園2名、特別養護老人ホーム山崎園1名、生活支援ハウス山崎1名、浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘1名)
    ・平成27年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【6名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園1名、生活支援ハウス山崎1名、浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘1名)
    ・平成27年 10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、地域包括支援センター大平台1名、浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘1名)
    ・平成28年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘1名)
    ・平成28年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園4名)
    ・平成28年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名)
    ・平成28年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名)
    ・平成29年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名)
    ・平成29年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園2名)
    ・平成29年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園2名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成29年 10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園2名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成30年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園2名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成30年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園2名、やまざきデイサービスセンター1名)
    ・平成30年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【4名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園1名)
    ・平成30年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【5名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園1名、地域包括支援センター大平台1名)
    ・平成31年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【6名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園3名、特別養護老人ホーム山崎園2名、地域包括支援センター大平台1名)
    ・平成31年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【7名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園4名、特別養護老人ホーム山崎園2名、地域包括支援センター大平台1名)
    ・令和元年 7月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【3名】です。
    (特別養護老人ホーム三幸の園1名、特別養護老人ホーム山崎園1名、地域包括支援センター大平台1名)
    ・令和元年10月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【1名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園1名)
    ・令和 2年 1月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園2名)
    ・令和 2年 4月 1日現在 : 育児・介護休業取得者は以下の【2名】です。
    (特別養護老人ホーム山崎園2名)
  • 施設の中で介護のお仕事をするには特に資格は必要ではありませんので、お仕事はすぐにできます。
    しかし全く知識や経験が無い状態ですと、慣れるまでに時間がかかります。
    これまでと全く違うお仕事をされてきた方ですとギャップを強く感じることがあるかもしれません。
    入職されてすぐに全てをお任せする訳ではなく、指導を受けながら少しずつお仕事の幅を広げていきますのでご心配いりませんが、可能であればヘルパー2級か介護職員基礎研修、初任者研修、実務者研修の資格を取得されてからの方が比較的スムーズに入り込めて良いと思います。
    その実習を三幸会の施設で行うのは大歓迎ですし、直接お仕事が良くわかると思います。
    そして経験を積めば介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)のようなより上位の受験資格が得られ、更にステップアップできます。
    何よりも【明るく】【前向きで】【お年寄りが好きで】【学ぶことが好きで】【チームワークがとることが好きで】【私は介護をやってみたいんだ!】【人のためになりたいんだ!!】という強い気持ちが一番大切です。
    学生さんの福祉実習や資格取得のための実習や福祉体験はもちろん随時各施設とも受け付けています。
  • 介護の中心的な役割をしている介護職の方はやはり夜勤業務があります。
    特に特別養護老人ホームやグループホームなどの高齢の入所者さんや救護施設などの障害をお持ちの入所者さんが安心して夜を過ごせられるように、毎日交替で夜勤を行うことになります。
    ただ製造業や飲食業で行っているような一週間継続しての夜勤ではなく、一ヶ月間で夜勤・日勤が入り混じったシフトにより動いています。
    生活相談員・看護師・栄養士・事務員は日勤のみで夜勤はありません。
    デイサービス・ヘルパー・訪問看護・地域包括・居宅介護支援等の在宅関連の事業所の職員も同様に夜勤業務はありませんが、日勤者の方には宿直を交替でお願いしています。
    なお、三幸会の夜勤は2種類A夜勤とB夜勤があります。
     ・A夜勤は12時間勤務(1.5夜勤)
     ・B夜勤は 8時間勤務(1夜勤)
    となります。
    三幸会では職員の健康管理、安全管理を重要視しており16時間勤務(2夜勤)はありません。
  • 三幸会は現在5箇所の拠点にて施設運営をしていますので、もちろん人事異動はあります。
    毎年2回ある自己申告書により職員の希望・展望を叶えたり、ステップアップしていただくためにも、より多くの職場・事業所・職種を体験することは大切です。
    職種の人員配置上、職員よりの希望が全て叶う訳ではありませんが、ご自宅からなるべく近い施設で働いていただくように努めておりますし、できるだけ適材適所となるようにしております。
    三幸会では介護保険法だけでなく、生活保護法、老人福祉法など、一見同じような施設でありながら違う分野が共存しております。
    また、三幸会内で他部署を経験していただくための交換研修も行っております。
    可能な限り、縦割り制度にならないように情報交換や情報共有できる体制作りに努めております。
    同じ法人内の施設が特徴を出しつつも、まとまりがなくマチマチということが無いようにしています。
    三幸会の施設は三幸の園を中心として車で15分圏内にありますので、仮に人事異動と言っても大きな負担にはなっていないこともあります。
  • 非営利目的の福祉業界においては財務の話をするのを嫌う傾向がありますが、ご利用者様の生活やサービス確保・向上するのはもちろん、職員に安心して長くお仕事していただくには、より安定した財務を築く必要があります。
    ご利用者様に不満や不安を与えずサービスに満足していただく顧客満足CSの実現には、そのサービスを担う職員個々の努力や工夫も必要ですが、職員やご家族の満足感・充実感・幸福感ESが何より大切です。
    職員は顧客満足CSを考えながら仕事をし、
    経営者・管理者は職員満足ESを考えることが何より大切で、CS・ESいずれか一方では経営は成り立たないものです。
    三幸会の経営方針は先行投資型ではなく、地に足を着け、時代・地域・顧客のニーズを着実につかみながら、一歩一歩前進し貢献していくスタイルです。

    したがいまして高い自己資本比率を常に保つことができております。
    総資産/純資産とも少しずつ増やし、法人規模・事業所規模・職員人数を増やすことが可能となっています。
    全て40年間超える長い年月の職員の高い目標と志の高さから来る結果の賜物ですし、地域の皆様のご理解・ご協力・後押しがあってのものと考えます。
    詳細は 【法人概要-三幸会の事業報告】 より、近年の計算関係書類等一覧をご覧いただけば幸いですが、介護保険制度後19年間の総資産・純資産・自己資本比率の推移は以下のとおりです。
    法人規模をはかる純資産と総資産との比率を自己資本比率%と言い、各年度最終日となります3月31日時点での法人の安定感を示す指標となります。
    令和2年度の財務データは令和3年5月に開催する監事監査報告・決算報告の理事会議決後、情報公開します。
    なお、平成24年度より社会福祉法人の会計基準の考え方が大幅に変更となっており、それぞれの年度における会計基準での数値となります。
  • 第29期 平成13年度 純資産2,623百万円 総資産3,035百万円 自己資本比率86.43%
  • 第30期 平成14年度 純資産2,783百万円 総資産3,158百万円 自己資本比率88.14%
  • 第31期 平成15年度 純資産2,919百万円 総資産3,281百万円 自己資本比率88.89%
  • 第32期 平成16年度 純資産3,099百万円 総資産3,445百万円 自己資本比率89.95%
  • 第33期 平成17年度 純資産3,259百万円 総資産3,567百万円 自己資本比率91.35%
  • 第34期 平成18年度 純資産3,315百万円 総資産3,622百万円 自己資本比率91.52%
  • 第35期 平成19年度 純資産3,415百万円 総資産3,693百万円 自己資本比率92.47%
  • 第36期 平成20年度 純資産3,517百万円 総資産3,781百万円 自己資本比率93.03%
  • 第37期 平成21年度 純資産3,652百万円 総資産3,914百万円 自己資本比率93.32%
  • 第38期 平成22年度 純資産4,001百万円 総資産4,432百万円 自己資本比率90.26%
  • 第39期 平成23年度 純資産4,175百万円 総資産4,408百万円 自己資本比率94.71%
  • 第40期 平成24年度 純資産4,333百万円 総資産4,614百万円 自己資本比率93.90%
  • 第41期 平成25年度 純資産4,462百万円 総資産4,694百万円 自己資本比率95.04%
  • 第42期 平成26年度 純資産4,603百万円 総資産4,845百万円 自己資本比率95.01%
  • 第43期 平成27年度 純資産4,752百万円 総資産4,979百万円 自己資本比率95.44%
  • 第44期 平成28年度 純資産4,878百万円 総資産5,069百万円 自己資本比率96.24%
  • 第45期 平成29年度 純資産5,281百万円 総資産5,479百万円 自己資本比率96.39%
  • 第46期 平成30年度 純資産5,328百万円 総資産5,515百万円 自己資本比率96.60%
  • 第47期 平成31年度 純資産5,390百万円 総資産5,544百万円 自己資本比率97.22%
  • 以上は三幸会連結の総括計算関係書類等一覧のうち貸借対照表よりの数値を抜き出していますが、サービス区分(個別事業所毎)・拠点区分の計算関係書類等一覧は各施設入口に監事監査報告書を設置・閲覧できる状態ですのでご覧ください。
  • 上記福利厚生のうちの法定福利になりますが、社会保険はもちろん全て完備しております。(パートさんは加入選択可)
    健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労働者災害補償保険など全て完備しており、安心してお仕事できます。
    ただし、パートさんで短時間の方の場合は所得税法上あるいは健康保険上の法律に則って扶養の範囲でお仕事される方もおりますし、雇用保険は31日以上勤務が見込まれる方で週20時間以上勤務される方が対象となっています。
  • 三幸会は被服に関する規程があり、職種により若干違いますが正規職員・パート職員(・派遣職員:在籍者は無)に一式支給しています。
    ピンク色・ライム色・濃紺色・赤色・サックスブルー色を基調としたお洒落なポロシャツ、水色・紺色を基調としたトレーニングウェアや短パン、エプロン、ナース服などがあり、ご利用者様やご家族様や取引業者様からも明るくて良いと好評をいただいております。
    他の法人さんでは家庭的な雰囲気を保つために普段着のところも多い、と聞きますし、ある本ではユニフォームが介護の画一化をさせる、家族的でない、個性が無くなる、離職に繋がる?などと言う評論家の方がいらっしゃるのも存じています。
    三幸会では利用者さんやご家族さんやお客さんの視点から一目で「職員」とわかるようにしたいという観点と、人の命を預かっている関係上、外からの感染症を施設内に持ち込まない、ということを徹底しており複数の理由から支給しています。
    それが法人施設内の統一感や一体感や安全面や清潔感や礼節にも繋がっているのではないかと感じており、職員に対してもわずかながら被服代金の補助になっていると思います。
    ユニフォームのある/なしのどちらが良いのかわかりませんが、ユニフォームの支給=×とはならないように感じています。
    ただし施設内の靴や靴下や下着については自前です。
  • 三幸会だけでなく、どこの法人さん・施設さんでも入職してすぐに生活相談員になることは難しいです。
    各職種ごとのお仕事案内】にも記載の通り、生活相談員の仕事は例えれば歯車の軸になっている部分です。
    施設長や介護士や看護師や機能訓練士や栄養士や事務員や用務員など各職種の方とのパイプ役的存在でもありますし、入所者さんや利用者さんのことを把握して、仕事の全体が見える頃になります。
    人によりその配属時期には違いがありますが、入職後4ヶ月後に生活相談員に抜擢!という例もありますし、数年間は介護をしてから生活相談員に、という場合もあり一律ではありません。
    また、生活相談員も介護士になったり、介護支援専門員になったり、地域包括支援センターの職員に・・・と、違う業務に次々にチャレンジしていき、ステップアップできるような自己申告書の仕組みを導入しています。
    したがって生活相談員はあくまでも職種であり、最終という考え方はありません。
  • 学校にも○○○○委員という委員会制度があったと思いますが、施設・事業所の中にも施設運営をスムーズに進めるためにたくさんの委員が存在しています。
     ・安全対策委員会
     ・褥瘡排泄委員会
     ・勉強会推進委員会
     ・感染症対策委員会
     ・身体拘束委員会
     ・レク向上委員会
     ・入所判定委員会
     ・教育委員会
     ・人材育成委員会
     ・防災委員会
     ・給食委員会
    など三幸会の施設により名称が若干違う部分はございますが、各職種より集まったそれらの委員が業務をリードしております。
  • 福祉を志す方はパソコンの苦手な方がとても多いです。
    パソコンが介護サービスをする訳ではありませんし、パソコンハード/ソフトサービスにつきましても専門業者と年間保守契約を結んでおりますのでご心配に及びません。
    パソコンは仕事をしながら少しずつ覚えていけば良いですが、ご利用者様の状態記録はもちろん、他法人さんや行政とのやり取りなど、今はパソコンやタブレット内のインターネットやE-mailを使って、迅速に正確な情報伝達をしていく時代です。
    特に介護保険施設では「ワイズマン」、保護施設では「福祉見聞録」と言って、インターネット上で一人ひとりの記録を常にパソコンを使用して記録管理しております。
    また、コミュニケーションツールとして、Skype、Zoom等、積極的に使用できるWiFi環境を整えております。 したがいまして各事業所のサービス責任者や事務員・生活相談員はやや高度な技術力が必要となってきますが、それ以外の方はWORD・EXCEL・E-Mailの基礎ができると幸いとなります。
  • 社会福祉法人とは社会福祉事業を行うことを目的として【社会福祉法第22条】の規定により設立された法人です。
    公共性が極めて高く、営利を目的としない民間の法人となり、その制度創設以来、社会福祉の充実・発展に大きく寄与しております。
    非営利法人となる社会福祉法人は利益をあげてはならない組織であると思われがちですが、営利法人である株式会社や有限会社などとの大きな違いは利益を社会に対してどのように還元するかの違いです。
    株式会社や有限会社はサービスや価値を世の中に提供し、株主や社員に利益の一部を還元し、税金を納めて社会に貢献します。
    社会福祉法人はサービスや価値を世の中に提供し、利益を法人内部に適正量留保し、安定した社会事業の継続及びより良質な展開をすることにより社会に貢献します。
    したがって社会福祉法人となる非営利法人も利益をあげなければなりません。

    なお、社会福祉事業とは現在約90種類あり、第一種社会福祉事業と第二種社会福祉事業に分けられます。
    社会福祉法人は設立後も行政(三幸会では厚生労働省・静岡県・浜松市・西区・中区より)の厳しい指導監督下に置かれます。
    その一方で、税制面や補助金交付で優遇措置のある法人となります。
    事業を円滑に進めるために役員組織要件があり、評議員会・理事会などの議事運営、更に監事監査・会計士監査などの財務面などの監査を適正に行い、運営を行う必要があります。
    社会福祉事業を行うに必要な資産の保有要件などもあり、運営後、計算関係書類等一覧などの事業に関する「経営・事業の見える化・情報公開」をすることも定義されています。
    三幸会では【法人の概要】に記載のとおり、理事6名、監事2名、評議員7名、評議員選任解任委員外部委員1名がおり、事業計画・予算・補正予算・事業報告・決算など承認を得て適正に運営をしております。
  • 浜松市立軽費老人ホーム佐鳴荘・救護施設浜松市立入野園・救護施設浜松市立西山園は浜松市よりの直営の委託事業となっており、指定管理者制度で運営してまいりました。
    法人概要-三幸会のあゆみ】に記載のとおり、入野園は昭和54年度より、佐鳴荘は昭和56年度より、西山園は平成21年度より運営をしてまいりました。
    浜松市より佐鳴荘は平成29年3月31日まで、入野園と西山園は平成29年12月31日までの運営契約となっておりました。
    三幸会の職員で全て運営してまいりましたが、常に浜松市役所や市内各区役所と連携を取りながら、公設民営の形をとってきた事業となります。
    したがって施設名に「浜松市立」が入っているのです。
    指定管理者と言っても、浜松市はもちろん静岡県や厚生労働省など各行政機関の監査も入り、適正な審査のもと運営してまいりました。