静岡県浜松市の社会福祉法人の三幸会(さんこうかい)です。三幸の園,山崎園,神ケ谷園,松城デイサービスセンター,地域包括支援センター。

法人概要

経営理念

三幸会のあゆみ

認定就労訓練事業

三幸会の事業報告

理事長あいさつ

HOME > 理事長のあいさつ
理事長のあいさつ

理事長 竹村 寿文
 昭和48年よりスタートしました福祉サービスも早40年余り、地域の皆様には大変温かく、しかも厳しい視点でのご教示も頂戴するなどお世話になり、誠に感謝の念にたえません。
 当法人では介護保険施設や在宅事業所ならびに生活保護施設がありますが、法人内でも確固たる形が定着できたと考えます。
 また、入居者様の処遇向上や自立支援、在宅で暮らす高齢者の予防支援や医療連携や地域支援、介護職員養成のための人材育成や研修制度、職員処遇の改善、福祉人材の多様化、働く人材の満足度向上、ICT導入等、厚生労働省をはじめとした行政も法律の整備とともに、福祉業界にも規制緩和が一層進み、めまぐるしく変化をしております。
 私達は地域の福祉ニーズに対応した利用者様主体のサービスを提供し、チャレンジ精神を忘れること無く、今後も地域社会の皆様に愛され、信頼されることを目指して、福祉文化の増進に一歩一歩着実に、寄与してまいる所存です。
 地域の皆様方に対して、福祉そのものを一般的なものへと進化・深化するために、閉鎖的に事業運営するのではなく、明るくオープンな経営を目指してまいります。これからも地域の皆様方のご指導とご鞭撻を頂戴しながら、共生して歩んでまいりたく、ここにご挨拶申し上げます。
法人設立の趣意

前理事長(名誉顧問)
故 竹村 秀彦 氏

前常務理事(名誉顧問)
故 竹村 登久次 氏
 昭和48年よりさかのぼること幾年、創設者でもあり前理事長(前名誉顧問)の竹村秀彦氏の下に当時、静岡県知事の竹山祐太郎氏と静岡県議会議員の伊藤武氏より、静岡県西部地区における特別養護老人ホーム開設の懇願を直接受けました。
 高度経済成長下のなか、その一方で寝たきりのお年寄りや経済的事情・家庭的事情により行き場の無い方々が入所できる福祉施設が無く、今日のような法整備はもちろん、社会的にも認知がされておりませんでした。
文字通り、東奔西走の毎日を送りながらも、前常務理事(前名誉顧問)の竹村登久次氏とともに、私財を投げ打ち施設建設のために心血を注がれました。
 それから40年、地域社会の成長・発展とともに当法人も一歩一歩成長を遂げることができました。社会的弱者のセーフティネットとしての役割はもちろん、地域福祉の向上への趣意は脈々と受け継がれ、適正に伝承しております。
勲五等瑞宝章受賞
社会福祉法人「三幸会」の前理事長(前名誉顧問)竹村秀彦氏は2003年に勲五等瑞宝章を受章しました。
これは国家または公共に対し功労があり、公務などに長年にわたって従事し、成績を挙げた者に与えられる名誉ある勲章となります。